口コミで人気のワンステップ排卵検査薬とは?

 

排卵検査薬は、今では色々な国のメーカーから販売されているため、本当にものすごい種類があります。しかし、口コミなどを見てみると、評価が良いものはある程度限られてきます。中でも、よく高い評価を得ているものとして、ワンステップ排卵検査薬があります。なんでも、日本人の愛用者も多いのだとか。

 

では、そのワンステップというのは、どういう排卵検査薬なのでしょうか?調べたところ、まず製造国がアメリカだと分かりました。先進国が製造しているなら、品質に問題は無さそうですね。実際、日本ではまだ認可されていませんが、アメリカではちゃんと認証されて、広く一般に向けて販売されているみたいです。

 

後は、値段の安さも特徴として挙げられるそうです。具体的には、1回分につき80円ちょっとしかしないため、100円前後が相場の海外製排卵検査薬の中でも、かなり安い方に位置づけられるとのことでした。となると、世界水準的には高級な部類に入る、日本製の排卵検査薬に比べたら、もっと経済的負担が軽いということになりますね。

 

安い上にちゃんと品質が保証されているなら、口コミで人気なのも納得です。できれば、日本でも認可されて、個人輸入だけでなく調剤薬局でも購入できるようになって欲しいです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬は判定が簡単!

         

 

排卵検査薬は、尿をかければ簡単に排卵日を予測できる、というイメージを持たれがちですが、意外な段階で苦戦する人が一定数いるそうです。その段階とは、検査窓に尿をかけた後に出る判定ラインを、自分の目で見て判断する段階です。

 

なんでも、排卵検査薬の判定は、陽性か陰性かの2種類だけではなく、更に陽性がいくつかの段階に分かれているそうです。具体的には、くっきりとした陽性ラインが出るまで、薄い陽性ラインが段階的に出ることになるんですね。そのため、最初の内はその中途半端な陽性に対する判断が難しいみたいです。

 

そこで、そうした陽性に関する判定が、簡単に済む排卵検査薬があります。それが、ワンステップ排卵検査薬です。なぜ、これだと薄い陽性でも簡単に判断できるのかと言うと…判定ラインが浮かぶ場所のすぐ横に、予めお手本となる陽性ラインである、テストラインも浮かぶよう作られているからです。

 

つまり、薄い陽性が出ても、すぐ横のテストラインと見比べられるため、あと何回くらいで濃い陽性が出るかを、ある程度予測することができるんです。そのため、まだ日本では認可されていませんが、この使いやすさに惹かれて、ワンステップ排卵検査薬を愛用している日本人女性も多いみたいです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬はどこで買うべき?

 

ワンステップ排卵検査薬は、アメリカ製である関係上、日本の調剤薬局で入手することができません。法律でそういうことは禁止されているんですね。そのため、ワンステップ排卵検査薬が欲しい場合は、必然と個人輸入という手段をとることになります。

 

個人輸入、と言われると、何だか大げさなイメージが湧きますが、実際は普通のネット通販とあまり変わらず、簡単に購入できうるそうです。特に、ワンステップのように、メジャーな排卵検査薬なら、色々な個人輸入代行サイトで取り扱われているみたいですから。

 

しかし、ワンステップ排卵検査薬は、アメリカ製のものですから、もちろん説明書も英語で書かれています。そのため、個人輸入代行サイトならどこでも良いという訳ではなく、使用方法をサイトに載せていたり、日本語訳説明書を添付したりするなどして、その点もちゃんとサポートしてくれるところを選んだ方が良いみたいです。

 

有名どころとしては、ドクターズチョイスが挙げられるそうです。なんでも、ここなら海外製の商品を購入した場合、全て日本語訳の説明書もつけてくれるのだとか。そのため、ワンステップ排卵検査薬を初めて買う場合は、ドクターズチョイスを利用すべきとのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬が陽性になる仕組み

 

ワンステップ排卵検査薬で陽性反応になるのは、lhサージが起こるからです。
lhサージというのはlhホルモン値が高い状態になることを示し、排卵検査薬に排卵日の近づきを知らせるものです。
ただし、排卵検査薬でlhサージが起こり、lhホルモン値が高い状態になって陽性反応になったとしても、必ず排卵が起こっていると言う保証はありません。
排卵検査薬の陽性は、あくまでlhホルモン値が高い状態であると知らせているだけで、排卵を確約するものではないと覚えておきましょう。
でも、嫌婚男性が増えている今、女性が子供を生むので苦労するのは当たり前かもしれませんね。
結婚したとしても、子供が欲しくないっていう男性が、すごく多いようですからね。
自分たちの生活の質は守る方にお金をかけたいっていうこと。
子供が欲しいと思っている女性にとっては、相手がそういう男性だとすごく大変だなって思います。
やっぱり男性は、女性ほどは子供を欲しがっているのではないのかなって思います。
嫌婚男性の場合は、結婚によって、自分の時間を削られたり、束縛されることを嫌う人が多いですからね。
やっぱり子供が生まれれば、自分のしたいことができなくなってしまうし。
妊活にも協力をあんまりしたくないっていうのも納得です。

 

 

感度が悪い中国製のDAVIDと相性が良い人

 

lhホルモンが体質的に高い人が排卵検査薬を使って妊活をするのであれば、感度が悪い中国製のDAVIDなどを利用することをおススメします!
lhホルモンが高い人には、DAVIDの排卵検査薬はすごく人気があります!
というのも、DAVIDの排卵検査薬は、排卵検査薬の中では反応が遅いと追われていますが。
lhホルモンが体質的に高い人にとっては、陽性の乱発を抑えることができるので、逆にタイミングが取りやすいと大人気なんです。
でも、妊活をして自暴自棄になる女性は少なくありません。
だって、妊活って、女性が苦労することの方が多くありませんか?
痛い採卵検査も、ホルモン注射の通院も、みんな女性ですよね。
だからこそ、絶対に子供が欲しいと言う気持ちも、女性の方が大きくなるのかなって思いました。
女性はやっぱり、本気なんですよね。
でも、男性は、やっぱり女性ほどの本気で不妊治療に挑んでいる人は少ないと思います。
結局、女性に促されて、病院へやって来るっていうケースは多いそうですからね。
最初の不妊治療の相談だって、女性一人でやって来ることが多いそうですから。
旦那さんはのほほんとしていても、奥さんが必死に妊活をやっているのが、多くのパターンだと思います。
女性はやっぱり、妊活をしたら、楽じゃないですね。

 

 

lhホルモン値が高い人は偽陽性が出やすい

 

lhホルモン値が高い人は偽陽性が出やすくて、感度の良い排卵検査薬との相性が良くないと言われています。
感度が良すぎると、すぐにlhホルモン値の高い分泌量に反応して、陽性になってしまいます。
排卵しているかどうかに関わらず、陽性反応がバンバン出てしまうと、子作りのタイミングがわからなくなってしまいます。
でも、40代になると、普通の個人産院では分娩させてくれないケースが出てきます。
助産院などで安くお産を済ませようと思っていた人にとっては、かなり大打撃!
助産院と総合病院では、全く違ってきますからね。
やはり大きな病院で産んだ場合は、補助金プラス20万円くらいの自腹を持っていかれることが多いですね。
少しでも安く子供を生みたいと思っていた人にとっては、かなり計画が狂ってしまうと思います。
40代の妊活は、20代のように、選択できる産院も限られてきますので、よく考えないといけません。
母子の安全のためには、やっぱり小児科が併設されている病院を選んだ方が、万が一の時に良いと思います。
小さな病院では小児科を併設していないので、何かあった時に母子がバラバラになってしまいますからね。
最低でも提携先の小児科があった方が良いですね。

 

 

一人目の出産年齢は20代後半から30代前半が理想

 

排卵検査薬はlhホルモンの数値によって、陽性かどうかを判定します。
lhホルモンの数値は、それぞれの排卵検査薬によって違います。
でも、男性と違い、女性には出産のタイムリミットがあります。
それだけに、出産のタイムリミットが感じられるようになってくると、それこそ結婚をしたくなる人が多いですよね。
でも、男性は30代になっても、まだまだ余裕があるので、結婚をすぐにしようっていう気持ちにならない人も多いです。
そういう男性と結婚してしまうと、女性は、やっぱり出産のタイミングを逃してしまいますよね。
女性は30代で子供を生みたいと思っても、男性が結婚してくれなければ、延期をするしかない。
それこそ、付き合いが長い人は、結婚への気持ちが強くなりますので、やっぱり相手への不信感を募らせてしまうこともあります。
男性も女性の出産のタイムリミットを考えてあげないと、やっぱり子供のことを考えた時には難しいのかなって思いました。
一人目の出産年齢は、やっぱり20代後半から30代前半には生んでおきたいと思いますからね。
それ以上になってくると、子供の数は考えないといけない状況になってきますね。
場合によっては一人っ子になるかもしれません。

更新履歴